ハラキリ!ちょんまげ!なんのその!!

ゆるめのドルオタが(主にジャニーズについて)好き勝手述べます!

Traffic(関ジャニ∞/ジャム収録曲)の超個人的感想と考察

こんにちは!
この記事では、関ジャニ∞のニューアルバム、ジャムの通常盤に収録されているTraffic(の主に歌詞)について超個人的見解を述べつつ考察していきたいと思います。※あくまで個人の感想です

このTraffic、錦戸亮くんがつくっているんですね。私は亮ちゃんがつくる曲がまーー大好きで。可愛くてお洒落でお茶目でちょっとキザみたいな曲って、アイドル・錦戸亮だからこそつくれるんだろうなと思うともう惚れ惚れしてしまいます。
とにかく、そういうわけで今回のこの曲も例に漏れずドツボなんですよ!!!

 

前記事にもちらっと書きましたが、そもそもこのタイトルのTraffic、交通や往来、車なんて意味があって、これだけでも十分曲に合ったタイトルです。
なんですが!そこにアルバムタイトルであるジャムを付け足してTraffic jamにすると渋滞という意味に早変わりするんですね!!!こっちの方がよりピッタリなタイトルですよね。なんというシャレオツな仕掛け。ニクイことするわーーーー錦戸亮ーーーーーー!!
ちなみにビースト!!も一見beast(獣)に見せ掛けてBe strong!(強くあれ!とかしっかり!とか)っていうアレなので、こういう仕掛けとか一捻りするの好きなのかな。萌えるね。

 

この曲はうまく行くことばかりじゃない人生を車の運転に擬えているのでそれもポイント。ただお洒落なだけの曲じゃなかった。

 

出だしがヤス始まりなのも最高(推し眼鏡)。ヤスのら行可愛くてイイので初っ端の『ダラダラ』の言い方からまず好き!!!って。パート終わりの『睨まれて』と『ブレーキ』も同じ理由でとても好きです。
beep beepはそのままビーッビーッみたいな音の擬音語なんですけど、ここではクラクションのことですね!亮ちゃんは入れ込む英語のチョイスと場所のセンスが抜群だなぁと思いますね。

 

続いて亮ちゃんパート。『眺めても』でちょっとがなり?気味なのがとても良い。『なるはずなんてない』でキュイン(伝わりますかね)(つんく♂さん的なやつ)ってなるのもセクシーで堪らない!!
ときどきとドキドキで韻踏んでて耳心地がいいのも素敵。お城みたいなホテルはまぁラブホテルでしょうな。車通りの多い大きな道沿いあるあるですよね豪華絢爛なラブホテル。ドキドキするコト、っていうぼかし方もまた粋でいいですね!

 

『隣のレーンの方が少し早く進んで見えてくる』、隣の芝は青い的なことでしょうか。私もつい人のことを羨んでしまうのでドキッとした部分…

この次に出てくる『ハコスカ』は、68年~72年に製造されていた車のことで、簡単に言うと型落ちというか、ちょっとだいぶ古めの車です。自分の車のことを『最先端のスペック』と言っているので、それとの対比にも一役かっていますね。
能力はあるはずなのにそれを活かせない環境に苛立つってこれまた現実でもよくあることではないでしょうか…


かなり脱線しますが、この主人公が何に乗ってるのかがとても気になる…!おそらく外車や軽ではなく、かつスペックの優れた車なんだろうけど。優れてるのは燃費?スピード?乗り心地?う~~~~ん気になる。じわり汗が滲むくらいステアリングを握る描写があるのでおそらく自動運転系の最先端ではなさそう。あとナンパの描写があるのでたぶん独身なのでファミリーカーとか大人数乗れる系でもなさそう。あとハコスカ出てきてるから箱型じゃない車っぽい。そして終盤にアクセル全開で加速してるのを踏まえると個人的にはSUV(スポーツユーティリティヴィークル・スポーティで日常的な車)かなって思ってます。トヨタのC-HRとかホンダのヴェゼルとか!!最新ってこととか若そうとか色々加味するとC-HRっぽいな。しかもガソリン車。…ごめんなさいどうでもいいですね。話を戻します。

 

そしてサビ。これは最後のサビと比較するとグッと良さが増すというか、意味が出てくるので、後からまとめて書きますね。

 

そして二番の頭、すばるくんのパート。『美人なお姉さん』の言い方のすけべ感が超いい!!!ここはすばるくんしか歌える人がいないかなぁと思うくらいすばるくんにハマりがいいパートだと思います。この数行で何回すばるって言うんだろ。一番のbeep beepに引き続きTell me! がいい味出してますね。英語が入ると一気に締まるな。

 

そして再び亮ちゃんパート。亮ちゃんの書く歌詞、口説き文句がちょっと回りくどくって、それが堪らないです。小説っぽいというか、あまり歌詞っぽくないというか。『ちょっと時間が許されるならこんな混雑は抜け出して』のキザ感もいい。『不埒なイメージ』って単語で純粋にお茶だけをしたいわけじゃなく、『ドキドキするコト』をしたい下心が透けて見える感じもいいですね!

お尻の黄色ナンバーは軽自動車のことですね。子持ちで美人で軽自動車乗り…なんとなくちょっとギャルで巻き髪でリップメイクしっかりめの美人お姉様が浮かびます。
このあとの『Baby in the car!』がなんとも亮ちゃんらしくて好きです。語感もいいし、不埒なイメージが一瞬で砕け散るガッカリ感も見えるし。あとcar!のハモりがもうたまらん。
余談ですが最近のBaby in the carのステッカーは可愛いものが多くて早く子どもを生みたくなります…

 

Dメロ前にキキーッていうブレーキ音が入ることでそこまでの焦燥感とかを一度リセットして、しっとり?Dメロを聴かせるのもお洒落だーー!
そんなDメロはとても人生に置き換えやすいですね。ヤスが言いたい部分はDメロって言っていたけど、亮ちゃんもそうなのかもしれない。

 

『隣のレーンと同時に~』のところ、渋滞が解消されて、気持ちに余裕ができて、どんどん気分が高揚していく感じが四行にあらわれていて、聴いているこちらもテンションが上がりますね。お気に入りの音楽を聴くとドライブもちょっと特別に楽しくなるのもあるある。
『It's time to go!』で完全に気持ちが切り替わってる感じも清々しくていい。ちなみに「もう行かなくちゃ!」みたいな意味です。疾走感あるね。

 

そしてサビ。
一番とは打って変わってノリノリですね。アクセル全開で躊躇う暇もなく加速!!『果てしなく続く旅路』を『暗い中でも照らしてくぜ』と能動的に自分の力で切り開いていこうという気概がいい。

一番との対比も目立つ部分で、『選んできたルートは間違っちゃいないよな?』が『選んできたルートは間違っちゃいないんだ』になったり、『辿り着けんのかな?』が『辿り着けるさきっと』になったり、『予想時刻がまた1分delay(遅刻)』が『想定外の展開も全然Okay!』になったり、『握るステアリング(ざっくり言うとハンドル)じわり汗が滲む』が『握るステアリング話すわけもなく』になったり、とにかく全体的に余裕が出来て自信が出てきていて、この間での成長というか意識の変化を感じさせられてグッときます。


極め付けは『I'll just keep driving on moving forward』『I'll just keep driving on going on my way』に変わっているところ。「とにかく前進したい、前に行きたい」という焦燥感から「我が道を行こう」と自分を信じる気持ちに変わっているのが超いい!!やっぱりナンバーワンよりオンリーワンですね兄さん。


こんな感じでしょうかーーー!
思った以上に馬鹿みたいに長くなってしまって、ここまで読み進めてくださった方はいないんじゃないかなと思いますがいらっしゃったら本当にありがとうございます。
あくまで一個人の見解と個人的解釈と感想なので全然見当違いなことを言っているかもしれませんが…

他の曲も随時更新して行きたいと思います!ありがとうございました。

関ジャニ∞/ジャム 超個人的な感想 後半戦!

数日前に関ジャニ∞のアルバム、ジャムの全盤共通曲のざっくりとした感想ブログを書きましたが、今回は前回書ききれなかったものをまとめました!
相変わらず超個人的見解と感想ですがお許しください。
まだまだ書き足りないので、また個別に一曲ずつ記事を書きたいなと思います。

 


生きろ(通常盤のみ収録)

とにかく心にガツンとくる曲。正直、もともとこういう直接的でシンプルな歌詞ってあまり好みじゃないのですが、この曲に限っては別でした。好きです。
やりたいことがなかったり、将来が見えなかったり、そういう誰しも心当たりのある不安を全部正面から受け止めて、かつネガティブなところも認めて全部まとめて励ましてくれるような、包容力のある曲です。
こんなに「生きて」と力強く背中を押してくれる曲ってなかなかない気がするし、すばるさんだからこそ書ける詩なのかなとも思いました。

 

JAM LADY(通常盤のみ収録)
安田ーーーーー!(声にならない叫び)という曲。オレンジレンジ世代、こういう曲を聴くと無条件にブチ上がるのあると思います。
言いたいことはたくさんあるけどそれは後日細かく書くとして、とにかく亮ちゃんがエロい。エロすぎる。特にオッケーレッツゴーの言い方が堪らなくツボです。まるちゃんの『跨る俺に』も鼻血もの。あのトーンで話しかけられたら間違いなく一回死にます。あと、全体的にライムが散りばめられているので聴いてて耳心地がよくて癖になりますね。
ただ、セクシーなお姉さま達のお声が結構入っているので、車に上司を載せているときは真顔で即スキップボタンを押す技術が必要です。

 

Traffic (通常盤のみ収録)
あーーー私はやっぱり亮ちゃんの作る曲が大好きだなぁと痛感した曲。とにかく音に乗せたときの聴き心地が最高な言葉を選ぶ天才だと思います。めちゃくちゃ耳がよくてかつセンスがいいんだろうなぁ。
最初はメロディに合わせた歌詞なんだなという印象だったけど、よく聞くと実はメッセージ性が強い歌詞で、そこにも才能を感じる。
Trafficだけでも『交通・往来』みたいな意味がありますが、アルバムタイトルのジャムを付け足して Traffic jam にすると『渋滞』って意味になったりしますねーーー特に前半の歌詞を見る感じ渋滞の方がしっくりきそう。なんという仕掛け。シャレオツか!!!
あと関係ないけど今回車いっぱい出てきますね。DO NA IのキャデラックとかJAM LADYのリムジンとか。

 

ノスタルジア(初回限定版Aのみ収録)
第一印象は、出だしのキラキラ感と、ほとばしるNEWS感。(笑)
この4人の組み合わせなら、どうせならもっと二枚目感強い曲がよかったなぁとも思ったり…もしたのですが、今回ポップな曲がかなり多いので、バランス的にもやっぱりこれでよかったのかも。あと聞けば聞くほど「あれ…好きだわ…」ってなってきました。これぞスルメ曲。
サビがガッとあがらず落ち着いている感じがなんともノスタルジー。
二番頭のまるちゃんパート、『飲み込んだ涙の味が甘くなくてよかったなんて』のところがとても好きです。まるちゃんの優しく切ない声も相まって胸がきゅっとします。

 

Answer(初回限定版Bのみ収録)
この曲、3人が作詞したんだと思うとなんかもうすものすごくくるものがありますよね。
ここまでの道のりは決してただきらびやかで綺麗なものではなくて、苦く苦しく手探りにがむしゃらなものだったんだっていう気持ちがこもっていてずしっときます。
『守るべき未来のため嫌われ者を選んだ』という歌詞にどれだけの想いを込めたのかなと思うとなんかもうしんどい。好きだなぁ。
でもここまでそうやってもがいて突き進んできたから、少しは力を抜くことも覚えて、気負いすぎなくてもいいんだってわかって…成長…(誰目線)
しんどいのであまり聴けていないのですが、これから少しずつ聴き込んでいこうと思います。

 

 

こんな感じでしょうか。本当にざっくり...

あとこのブログ、ラップの文字起こしをしたおかげで結構閲覧していただいているみたいでありがたい限りです。ぜひコメントなどもしていってください...!

関ジャニ∞ ジャム 超個人的な感想

6/28リリースの関ジャニ∞のアルバム、ジャムをここ数日聴いてみての感想をわたしなりにざっくりと書きました!語彙力が圧倒的に足りないけど素敵さを少しでも伝えられたら嬉しいです…

また改めて一曲ずつ細かいところまで書く予定。

すべて書くと長くなりすぎるので、この記事ではすべてのアルバムに収録されているシングル以外の曲について書きます!(生きろ、JAM LADY、Traffic、ノスタルジア、Answerは次で)

 

2  今
イントロの音のキラキラ感がもうすでに星n…ニセ明感満載でワクワク!個人的には「今 今 今」のところなんて特にニセ明節炸裂って感じがしてたまらないです。あと唐突な「水の底から」。
彼の曲は彼の歌声にしかハマらないようなイメージがあったので、こんなにエイトにピタリとハマって正直びっくり。
爽やかで疾走感があって、いい意味でアイドルらしくてときめく曲。
MVの振り付けがまぁ可愛らしくてそこもツボ。なんとなく安田推しカメラっぽいカメラワークも嬉しい。この可愛い振り付けと安田くんの親和性の高さにありがとうでいっぱいです。

 

3 DO NA I
ジャム出演時のいしわたりさんの言葉の選び方がとても素敵でいいなと思っていたのでエイトの歌詞として見れてとても嬉しい一曲。
コミカルでかつ小洒落た(?)雰囲気の曲がハマるのは、アイドルの中でもエイトならではかなと思うのでとてもいい。「男子感」が強いのもキュンとしたり。
関西弁が効いていて芝居がかった感じになりすぎず、ほどよくキザでちょっとセクシーな仕上がりで、何度も聴きたくなる雰囲気。
出だし頃の亮ちゃんのセリフがエロくていい(セリフ自体はエロくないけど言い方的なこと)

 

5 夢への帰り道
ちょっと切ない静かめなイントロからのピアノ伴奏にまるちゃん(だよね?)の優しい声が重なる出だしがとても美しい。一瞬で世界観に包み込まれる感覚が気持ちいいです。
それに続くたっちょんの低くて優しい声亮ちゃんの甘く優しい声との優しいコンボで出だしでもうガッチリ心が掴まれてしまった…

今後もっと聴けば聴くほどハマっていきそうなニオイがします。

切ないといってもメロディーも決して重たくなくて聴きやすい。切ないというよりもすこし寂しい、の方がイメージがあっているのかも。

 

6 えげつない
イントロからこれぞ岡崎体育という曲。
ご本人もインタビューで言っていたけど、これだけ岡崎体育節を散りばめた曲をあっさりガッチリ自分たちのものにしてしまうエイトはさすがだなぁと思いました。
ライブ超盛り上がりそうで楽しみだ。フリースタイルラップが原曲通りでもアレンジしていてもどのみち美味しいわ…
そしてそこのすばるさんパートがR-指定さんっぽくてツボ!関西弁とラップの親和性高いし、滑舌もいいしリズム感抜群だからもう好き…っていう…
(前記事でラップパート文字起こしてます) 

 

8 Never Say Never
安田さんの振り幅!!というのが最初の印象。こんなキャッチー(?)な曲も書けるんだっていうのが新鮮で驚き。
サビにガンガン入ってる英単語が、聴いてみると違和感なくわざとらしくなく、それでいていいアクセントになっていて聴いていて楽しい曲。
そもそも出だしのメロディがまずドツボでいやでも続きに期待しちゃうし、その期待を全く裏切らず終始ドキドキ感が続いていくのがなんかもうとにかく最高。天才。(推しバカ)
あとAメロの下ハモが超効いていてそこも最高。アメコミっぽい空気感もワクワクしてほんと楽しい!ERっぽくもあるねーー

 

10 S.E.V.E.N転びE.I.G.H.T起き
これももう出だしが「絶対最高じゃん!」っていう雰囲気満載でね…
UNICORNにはやっぱり大人の余裕とかテキトーなようでいてキマる格好良さとかそういう「らしさ」があるけど、それがエイトに重なると、余裕はちょっとなくなるけどとても若くて勢いがあってカッコイイオニーサン!の曲になるんだなぁとときめきました。
3分ちょっとしかないのも勢いそのままに突っ走るだけ突っ走った感じでちょっと物足りないくらいの終わり方で気持ち良くて好きです。
あと歌詞もメロディもパターン少ないのに最後まで飽きがこない感じがさすがだなぁと脱帽。

 

12 青春のすべて
正味たった6年足らずしかない青春の儚さとか、甘酸っぱさとか、輝きとか、愛しさとかそういうのをぎゅっと凝縮したような曲。聴いているとき胸がきゅんとするような切なさをを感じます。同じくらい暖かさもじんわり感じるのだけど。
今まだ青春の真っ只中にいる子とかには、ぜひまた何年か経って青春を過ぎてからもう一度聴いてみて欲しいなぁとも思います。今とは感じ方が絶対変わっていてまた素敵に聴こえると思う!!!


こんな感じでしょうか。
ほんっっっとうにいい曲揃いなので、未購入の方にはぜひ聴いてみてほしい…
関ジャニ∞のファンじゃなくても絶対ハマる曲がひとつはあると思います!!

えげつない/関ジャニ∞ ラップ文字起こし 歌詞

 

6/28リリースの関ジャニ∞待望のアルバム【ジャム】!!

 

ライブが楽しみになる最高の曲尽くしのアルバムなのですが、その中でも岡崎体育さん作詞作曲の【えげつない】という曲がとても面白い!!歌詞カードには記載がないけれど、メンバー同士のフリースタイルラップバトル(平たくいうとディスり合い)が繰り広げられているのです。

 

ファンなら思わずニヤッとしてしまうネタ満載、ファンじゃなくてもリズム感のよさにハマってしまうそんなラップ部分、せっかくなので文字に起こしてみました!

 

ざっくりなので違っていたらごめんなさい、気付いたことがあれば教えていただけると嬉しいです。

 

ではさっそく

 

たっちょんパート(to ヤス)

YO!あれ?ヤスどこ行きました?あーそこかすまん見えへんかった コロコロかタウンページ足元に敷いたろか?ころころ髪型変えてばっかで部屋も汚い おしぼりのことも手しぼりって言うし 中華料理って何料理?とかもう日本語めちゃくちゃ すべてが散らかってる甘えん坊 実家から出直せ尼へGO!

 

ヤスパート(to たっちょん)

おい大倉!なんじゃおうコラ!カレーのおかずに天丼ってなんやねん いつまで経ってもはってる食い意地 食べ物のことになったらクレイジー 俺の髪型真似して金髪にしたことあったけど あんとき褒めたったの俺だけや お前のファンサはそもそも甘い 錦戸や渋やんのファンサ見習え!

 

すばるパート(to よこ)

今日は酒飲まんぞって言うた日も俺が誘ったらすぐ飲むし 忘れ物も直らへんなぁ サウナ行きすぎて逆上せてんちゃうか 免許証の再発行は7回目 老後が心配Have a nice day!ドラマの現場で人見知り 映画の現場でひとりきり

 

よこ(to すばる)

いやいやいやいやちょい待てちょい待て 人見知りはお前や!下ネタもピー音でファンには届いてなく ゲームをトイレに落として泣く あと食えへんくせにようけ頼むな 俺が残りもの食うたってんねん 初対面の人の前じゃ静かにしはる お前の名前は渋谷すばる

 

亮ちゃん(to まる)

振り付け間違う 酔っ払ってキス魔 でも個人の仕事はクールキャラ 自分の部屋に自分のポスター貼ってた時点でイタいよなぁ?ペーパードライバー 電話怖いわ お前の助手席不安がいっぱい 言いたいことがあるなら おいなんか言うてみい丸山!

 

まるちゃん(to 亮ちゃん)

YO!あの…あーと亮ちゃん…お前はその…「おい丸どうしてん」いやだって亮ちゃん怖いねんもん… 「お前の方が年上やねんからいったれ!」いやや!俺こんなんで喧嘩とかしたくないねん!俺みんなで仲良くしてたいねんもん だって俺ら昔からずっと一緒にやってきてたやんか

夜行バスで西と東何回も往復した グリーン車の切符払い戻して浮いた金で飯買った そうやって手探りのままもがいた それが それが俺たちの経験値やろ!

 ※オレンジ色がなくてこの色ですごめんなさい

 

 

 

 

こんな感じでしょうか?

関西弁とラップの親和性はやっぱりとても高いですねー聴いててとても耳心地がいいです!

 

読みにくそうであればまた編集します。

はじめに

小さい頃からずーっとゆるくアイドルがすきで、でも周りにオタク友達があんまりいなくて、今まで溜まりに溜まったアイドルに対する気持ちや感想やもろもろを一気に吐き出したくてはじめてみました!

 

直接の原因は、昨日リリースされた関ジャニ∞のジャム!その中にある岡崎体育さんが作ったえげつないでメンバーがやってるフリースタイルバトルを文字に起こしてみたのですが、せっかく起こしたんだから形に残したい!という自己満足です…!

 

それに付随してアルバムの感想なんかもポチポチつぶやいていこうと思います。