ハラキリ!ちょんまげ!なんのその!!

ゆるめのドルオタが(主にジャニーズについて)好き勝手述べます!

関ジャニ∞/ジャム 超個人的な感想 後半戦!

数日前に関ジャニ∞のアルバム、ジャムの全盤共通曲のざっくりとした感想ブログを書きましたが、今回は前回書ききれなかったものをまとめました!
相変わらず超個人的見解と感想ですがお許しください。
まだまだ書き足りないので、また個別に一曲ずつ記事を書きたいなと思います。

 


生きろ(通常盤のみ収録)

とにかく心にガツンとくる曲。正直、もともとこういう直接的でシンプルな歌詞ってあまり好みじゃないのですが、この曲に限っては別でした。好きです。
やりたいことがなかったり、将来が見えなかったり、そういう誰しも心当たりのある不安を全部正面から受け止めて、かつネガティブなところも認めて全部まとめて励ましてくれるような、包容力のある曲です。
こんなに「生きて」と力強く背中を押してくれる曲ってなかなかない気がするし、すばるさんだからこそ書ける詩なのかなとも思いました。

 

JAM LADY(通常盤のみ収録)
安田ーーーーー!(声にならない叫び)という曲。オレンジレンジ世代、こういう曲を聴くと無条件にブチ上がるのあると思います。
言いたいことはたくさんあるけどそれは後日細かく書くとして、とにかく亮ちゃんがエロい。エロすぎる。特にオッケーレッツゴーの言い方が堪らなくツボです。まるちゃんの『跨る俺に』も鼻血もの。あのトーンで話しかけられたら間違いなく一回死にます。あと、全体的にライムが散りばめられているので聴いてて耳心地がよくて癖になりますね。
ただ、セクシーなお姉さま達のお声が結構入っているので、車に上司を載せているときは真顔で即スキップボタンを押す技術が必要です。

 

Traffic (通常盤のみ収録)
あーーー私はやっぱり亮ちゃんの作る曲が大好きだなぁと痛感した曲。とにかく音に乗せたときの聴き心地が最高な言葉を選ぶ天才だと思います。めちゃくちゃ耳がよくてかつセンスがいいんだろうなぁ。
最初はメロディに合わせた歌詞なんだなという印象だったけど、よく聞くと実はメッセージ性が強い歌詞で、そこにも才能を感じる。
Trafficだけでも『交通・往来』みたいな意味がありますが、アルバムタイトルのジャムを付け足して Traffic jam にすると『渋滞』って意味になったりしますねーーー特に前半の歌詞を見る感じ渋滞の方がしっくりきそう。なんという仕掛け。シャレオツか!!!
あと関係ないけど今回車いっぱい出てきますね。DO NA IのキャデラックとかJAM LADYのリムジンとか。

 

ノスタルジア(初回限定版Aのみ収録)
第一印象は、出だしのキラキラ感と、ほとばしるNEWS感。(笑)
この4人の組み合わせなら、どうせならもっと二枚目感強い曲がよかったなぁとも思ったり…もしたのですが、今回ポップな曲がかなり多いので、バランス的にもやっぱりこれでよかったのかも。あと聞けば聞くほど「あれ…好きだわ…」ってなってきました。これぞスルメ曲。
サビがガッとあがらず落ち着いている感じがなんともノスタルジー。
二番頭のまるちゃんパート、『飲み込んだ涙の味が甘くなくてよかったなんて』のところがとても好きです。まるちゃんの優しく切ない声も相まって胸がきゅっとします。

 

Answer(初回限定版Bのみ収録)
この曲、3人が作詞したんだと思うとなんかもうすものすごくくるものがありますよね。
ここまでの道のりは決してただきらびやかで綺麗なものではなくて、苦く苦しく手探りにがむしゃらなものだったんだっていう気持ちがこもっていてずしっときます。
『守るべき未来のため嫌われ者を選んだ』という歌詞にどれだけの想いを込めたのかなと思うとなんかもうしんどい。好きだなぁ。
でもここまでそうやってもがいて突き進んできたから、少しは力を抜くことも覚えて、気負いすぎなくてもいいんだってわかって…成長…(誰目線)
しんどいのであまり聴けていないのですが、これから少しずつ聴き込んでいこうと思います。

 

 

こんな感じでしょうか。本当にざっくり...

あとこのブログ、ラップの文字起こしをしたおかげで結構閲覧していただいているみたいでありがたい限りです。ぜひコメントなどもしていってください...!