ハラキリ!ちょんまげ!なんのその!!

ゆるめのドルオタが(主にジャニーズについて)好き勝手述べます!

Traffic(関ジャニ∞/ジャム収録曲)の超個人的感想と考察

こんにちは!
この記事では、関ジャニ∞のニューアルバム、ジャムの通常盤に収録されているTraffic(の主に歌詞)について超個人的見解を述べつつ考察していきたいと思います。※あくまで個人の感想です

このTraffic、錦戸亮くんがつくっているんですね。私は亮ちゃんがつくる曲がまーー大好きで。可愛くてお洒落でお茶目でちょっとキザみたいな曲って、アイドル・錦戸亮だからこそつくれるんだろうなと思うともう惚れ惚れしてしまいます。
とにかく、そういうわけで今回のこの曲も例に漏れずドツボなんですよ!!!

 

前記事にもちらっと書きましたが、そもそもこのタイトルのTraffic、交通や往来、車なんて意味があって、これだけでも十分曲に合ったタイトルです。
なんですが!そこにアルバムタイトルであるジャムを付け足してTraffic jamにすると渋滞という意味に早変わりするんですね!!!こっちの方がよりピッタリなタイトルですよね。なんというシャレオツな仕掛け。ニクイことするわーーーー錦戸亮ーーーーーー!!
ちなみにビースト!!も一見beast(獣)に見せ掛けてBe strong!(強くあれ!とかしっかり!とか)っていうアレなので、こういう仕掛けとか一捻りするの好きなのかな。萌えるね。

 

この曲はうまく行くことばかりじゃない人生を車の運転に擬えているのでそれもポイント。ただお洒落なだけの曲じゃなかった。

 

出だしがヤス始まりなのも最高(推し眼鏡)。ヤスのら行可愛くてイイので初っ端の『ダラダラ』の言い方からまず好き!!!って。パート終わりの『睨まれて』と『ブレーキ』も同じ理由でとても好きです。
beep beepはそのままビーッビーッみたいな音の擬音語なんですけど、ここではクラクションのことですね!亮ちゃんは入れ込む英語のチョイスと場所のセンスが抜群だなぁと思いますね。

 

続いて亮ちゃんパート。『眺めても』でちょっとがなり?気味なのがとても良い。『なるはずなんてない』でキュイン(伝わりますかね)(つんく♂さん的なやつ)ってなるのもセクシーで堪らない!!
ときどきとドキドキで韻踏んでて耳心地がいいのも素敵。お城みたいなホテルはまぁラブホテルでしょうな。車通りの多い大きな道沿いあるあるですよね豪華絢爛なラブホテル。ドキドキするコト、っていうぼかし方もまた粋でいいですね!

 

『隣のレーンの方が少し早く進んで見えてくる』、隣の芝は青い的なことでしょうか。私もつい人のことを羨んでしまうのでドキッとした部分…

この次に出てくる『ハコスカ』は、68年~72年に製造されていた車のことで、簡単に言うと型落ちというか、ちょっとだいぶ古めの車です。自分の車のことを『最先端のスペック』と言っているので、それとの対比にも一役かっていますね。
能力はあるはずなのにそれを活かせない環境に苛立つってこれまた現実でもよくあることではないでしょうか…


かなり脱線しますが、この主人公が何に乗ってるのかがとても気になる…!おそらく外車や軽ではなく、かつスペックの優れた車なんだろうけど。優れてるのは燃費?スピード?乗り心地?う~~~~ん気になる。じわり汗が滲むくらいステアリングを握る描写があるのでおそらく自動運転系の最先端ではなさそう。あとナンパの描写があるのでたぶん独身なのでファミリーカーとか大人数乗れる系でもなさそう。あとハコスカ出てきてるから箱型じゃない車っぽい。そして終盤にアクセル全開で加速してるのを踏まえると個人的にはSUV(スポーツユーティリティヴィークル・スポーティで日常的な車)かなって思ってます。トヨタのC-HRとかホンダのヴェゼルとか!!最新ってこととか若そうとか色々加味するとC-HRっぽいな。しかもガソリン車。…ごめんなさいどうでもいいですね。話を戻します。

 

そしてサビ。これは最後のサビと比較するとグッと良さが増すというか、意味が出てくるので、後からまとめて書きますね。

 

そして二番の頭、すばるくんのパート。『美人なお姉さん』の言い方のすけべ感が超いい!!!ここはすばるくんしか歌える人がいないかなぁと思うくらいすばるくんにハマりがいいパートだと思います。この数行で何回すばるって言うんだろ。一番のbeep beepに引き続きTell me! がいい味出してますね。英語が入ると一気に締まるな。

 

そして再び亮ちゃんパート。亮ちゃんの書く歌詞、口説き文句がちょっと回りくどくって、それが堪らないです。小説っぽいというか、あまり歌詞っぽくないというか。『ちょっと時間が許されるならこんな混雑は抜け出して』のキザ感もいい。『不埒なイメージ』って単語で純粋にお茶だけをしたいわけじゃなく、『ドキドキするコト』をしたい下心が透けて見える感じもいいですね!

お尻の黄色ナンバーは軽自動車のことですね。子持ちで美人で軽自動車乗り…なんとなくちょっとギャルで巻き髪でリップメイクしっかりめの美人お姉様が浮かびます。
このあとの『Baby in the car!』がなんとも亮ちゃんらしくて好きです。語感もいいし、不埒なイメージが一瞬で砕け散るガッカリ感も見えるし。あとcar!のハモりがもうたまらん。
余談ですが最近のBaby in the carのステッカーは可愛いものが多くて早く子どもを生みたくなります…

 

Dメロ前にキキーッていうブレーキ音が入ることでそこまでの焦燥感とかを一度リセットして、しっとり?Dメロを聴かせるのもお洒落だーー!
そんなDメロはとても人生に置き換えやすいですね。ヤスが言いたい部分はDメロって言っていたけど、亮ちゃんもそうなのかもしれない。

 

『隣のレーンと同時に~』のところ、渋滞が解消されて、気持ちに余裕ができて、どんどん気分が高揚していく感じが四行にあらわれていて、聴いているこちらもテンションが上がりますね。お気に入りの音楽を聴くとドライブもちょっと特別に楽しくなるのもあるある。
『It's time to go!』で完全に気持ちが切り替わってる感じも清々しくていい。ちなみに「もう行かなくちゃ!」みたいな意味です。疾走感あるね。

 

そしてサビ。
一番とは打って変わってノリノリですね。アクセル全開で躊躇う暇もなく加速!!『果てしなく続く旅路』を『暗い中でも照らしてくぜ』と能動的に自分の力で切り開いていこうという気概がいい。

一番との対比も目立つ部分で、『選んできたルートは間違っちゃいないよな?』が『選んできたルートは間違っちゃいないんだ』になったり、『辿り着けんのかな?』が『辿り着けるさきっと』になったり、『予想時刻がまた1分delay(遅刻)』が『想定外の展開も全然Okay!』になったり、『握るステアリング(ざっくり言うとハンドル)じわり汗が滲む』が『握るステアリング話すわけもなく』になったり、とにかく全体的に余裕が出来て自信が出てきていて、この間での成長というか意識の変化を感じさせられてグッときます。


極め付けは『I'll just keep driving on moving forward』『I'll just keep driving on going on my way』に変わっているところ。「とにかく前進したい、前に行きたい」という焦燥感から「我が道を行こう」と自分を信じる気持ちに変わっているのが超いい!!やっぱりナンバーワンよりオンリーワンですね兄さん。


こんな感じでしょうかーーー!
思った以上に馬鹿みたいに長くなってしまって、ここまで読み進めてくださった方はいないんじゃないかなと思いますがいらっしゃったら本当にありがとうございます。
あくまで一個人の見解と個人的解釈と感想なので全然見当違いなことを言っているかもしれませんが…

他の曲も随時更新して行きたいと思います!ありがとうございました。